Blog

2022/05/20 14:00



美容は日進月歩。

日々、新たな技術、成分が開発され、
進化を遂げています。

私達はいくらほどコスメに
お金を使っているでしょうか。


いくら高価で最先端な成分を使用しても

そもそものお肌の土台が
スカスカで、グラついていたら、

それはまるでザルのように
抜け落ちていってしまい

その効果は半減し、限定的。


スキンケアももちろん大切なことですが
それだけに全てを頼りきらず、

お肌の土台、基礎力をつけることを
意識すること。


お肌の土台を安定させ
基礎力を高めるための栄養素は
様々あるのだけど、

中でも非常に効果的な
栄養素として、

ビタミン、ミネラルは絶対的。


なぜかビタミンを気にする人は多いですが
ミネラルって見落とされがちですよね。


肌、特に真皮にはミネラルが
豊富に含まれているし、

細胞の水分量にも関わってくるし、

皮脂コントロールにも影響してくるし、

お肌だけじゃなく、
髪、爪、筋肉、神経が健康に動作するように
必要になってくる。

人間の生命活動においてなくてはならない
栄養素なのに、

なぜかミネラルって忘れがち。


今日はそのミネラルの中でも
リンについて。


人体で1番多いミネラルはカルシウム。
2番目に豊富なリン。


またリンは、カルシウムに次いで2番目に、
頑丈な骨や歯を作るのに必要とされる栄養素です。


また細胞の成長と修復するタンパク質を
作るために使用するミネラルです。


他にも



・消化の改善、排泄の調節

腎臓の老廃物を取り除くなど
毒素をろ過して取り除き、皮膚、髪、
爪を含む体のあらゆる部分で、
新しく健康な細胞を作るのに役立ちます。


・細胞膜を作る

このミネラルは、細胞膜を作るために必要な
お肌の水分保持レベルを高めるリン脂質と呼ばれる
脂質の一種を作るためにも使用される。


・食品からエネルギーを放出する作用
体がエネルギーを蓄えるために使用する分子である
ATPを作るのを助けます。


他にも脳、腎臓、心臓、血液、神経、
ホルモンバランスなどにも必要となったり、

またビタミンD、ヨウ素、マグネシウム、
亜鉛などの他のビタミンやミネラルの
バランスを取ってくれたり、

ビタミンB群と一緒だと
更に効果を高めてくれるようになるなど



体内で多くの役割を果たしており、

人が健康に生きていくために
不可欠なミネラルです。


今も現在進行形で、あなたの体の
何兆もの細胞全てで、
必死に稼働してくれています。



リンは食品から摂取できます。

しかし糖尿病、飢餓、アルコール依存症などは、
体内のリンのレベルを
低下させる可能性があります。



リンがとれる食品として
タンパク質、カルシウムが豊富という特徴があります。


・ヨーグルト、ミルク、チーズなどの乳製品
・パン、玄米、オートミールなどの穀物製品
・肉、鶏肉、魚、卵
・ブラックシードオイル、カシューナッツなどの種子、種子油、ナッツ類
・レンズ豆、インゲン、エンドウ豆などのマメ科植物
・ジャガイモ、ブロッコリー


リンは大くの動物性および植物性食品に
自然に含まれています。

摂取するのがそれほど難しくはないので、
欠乏することは稀です。

別途にサプリを服用して補はないといけないという
ほどではありません。



リンが欠乏する症状として

・食欲減退、体重減
・不安感の増大
・骨の脆弱性
・関節のこわばり
・倦怠感
・神経過敏
・筋力低下
・子供の場合は発育低下や骨や歯の発達不良



リンは逆に多すぎても良くないとされています。

体内のリン過剰だと
下記症状に陥るリスクが高まります。


・関節や筋肉の痛みを引き起こす高リン血症
・ビタミンDを吸収しずらくなる
・腎臓の不健康
・皮膚のかゆみや発疹、乾燥肌
・臓器や組織を硬化させる
・下痢


加工食品には、リン酸塩添加物として
含まれています。

これは天然のリンとは異なり、
リン酸塩添加物は体に吸収されやすいため、
摂取しすぎてしまう可能性があります。

味をしょっぱくし、
美味しさが増すため使用されます。


化学的に人工的にリン酸塩が大量に
使用されている食品は下記です。


・ハムやソーセージなどの加工肉
・缶詰の魚
・ケーキやビスケット
・炭酸飲料
・ビール
・ファストフード


肉、加工食品、ファストフードなど
高脂肪高カロリーな西洋型食生活は

リンが過剰になりやすいと言われています。


体内のカルシウム量よりも
リンの量が多すぎる時、

体は、骨に蓄えられているカルシウムを
どんどん使用していってしまいます。

せっかく蓄えている貯金を
無為に引き下ろし、散財していくイメージです。


骨がカルシウムを失っていき、
骨粗鬆症を引き起こしたり、
歯、筋肉、骨を不健康にしてしまう
リスクが高まってしまいます。


食事中のカルシウムと
リンのバランスが崩れると、

骨折のリスクが高まり、
腎臓や心臓の病気に関連する
リスクが高まってしまいます。


カルシウムとリンの食品を適切な比率で
一緒に摂取すると、
多くの美容、健康の効果が得られます。


つまりは何事も「バランス」が
必要ということですね。



美肌にとって、身体にとって、
生きていくことにとって
必要不可欠なミネラルであるリン。

その大事なリンも、
過剰すぎるとかえって
身体には負担となってしまうってこと。



そこで、月並みですが

・偏った肉中心の西洋型の食事を見直し
野菜、魚を中心としたバランスのとれた食生活にシフトする

・不自然に添加されたリン食品ではなく
自然な食品からの天然のリンは吸収が少なくて、緩やか。

・十分な運動をする

・十分に水分を補給する



ライフスタイルを見直し、
食事、運動、栄養など総合的に
”バランス”をとることを心がけることが、
非常に大切になっくるということで。



おあとがよろしいよう。
今日はここまで。
おしまい。






Good virtues(グッドバーチューズ)