Blog

2022/06/17 14:00




「肌が乾燥しがちで・・・」
「シワが気になる・・・」
「毛穴の開きが気になる・・・」

これらで悩んでいる人、

もしかしてカリウムが不足しているのかも。


カリウムとは、体内で3番目に豊富なミネラルです。


電解質(イオン)と呼ばれ、

体の水分量を調節してくれ、
神経信号を送り、筋肉の収縮を調節、
成長を助けてくれます。


他にも炭水化物の分解、タンパク質の構築、
心臓と腎臓の適切な機能の促進、血圧の低下、
脳卒中からの保護など、


生命活動において
非常に大切なミネラルが、このカリウムです。



特に、体の個々の細胞の
水分バランスを維持するのに
大きな役割を果たしてくれる。


カリウムは、ナトリウムの
脱水効果に逆らって働き、
細胞内に水分を保ってくれる。


細胞内に水を蓄えて、
皮膚をふっくらさせてくれるので、


乾燥、シワ、肌トラブルなど
皮膚の水分を補給し、

お肌の基礎力を上げ、
肌の土台を強固化するのに
非常に役立ちます。


しかしこのカリウム、
年齢と共に減少していってしまいます。


だから外部から摂取する必要があります。


細胞の内側の水分はカリウムが決定し
細胞の外側の水分はナトリウムが決定し、


お互いが均等に、
一定のバランスをとりあっているんだけど、



カリウムの減少で、
このバランスが崩れて

ナトリウムの方が
過多になってしまうと、


細胞内から水分を排出されてしまい、
脱水状態になるので、

心臓、腎臓に負担がかかり、
当然お肌も乾燥してしまいます。


カリウムが豊富な食事を摂って、
細胞内に水分を補給し、

体液バランス、水分のバランスを
維持することがとても大事になってきます。



カリウムの肌へのメリット

・乾燥肌へアプローチし保湿力を促す
・より速い細胞の再生を促進
・乾燥からくるシワ、たるみ、ニキビの鎮静
・肌のPHバランスを維持する




非常な重要なカリウム。

このカリウム量が少なく、
反対に高ナトリウム食(塩分濃度の高い食事)は、

血圧が上昇させ、血管に負担を与えます。
また脳への血流が不足し脳卒中、
尿で放出されるカルシウム量が大きくなり
脱水や骨粗鬆症リスクが高まります。

ファーストフード、コンビニ食、
加工食品、レトルト、味が濃い外食など
塩に依存している食事は
ナトリウム(塩)が多くなっているので
注意が必要です。


またアルコール、
コーヒー(およびカフェイン飲料)、砂糖、
利尿作用のある高血圧の薬、抗うつ薬や睡眠導入剤、
花粉症対策の抗ヒスタミン剤などなど、

カリウムの損失を引き起こし、
血中カリウムの低下に
つながるリスクが高まります。

またカリウムというミネラルは、
下痢、嘔吐でも失われてしまいます。


お肌の水分が脱水させられ乾燥肌や、
その乾燥を守ろうと、
皮膚は過剰な皮脂を出そうとし

オイルコントロール作用の
不安定化に繋がり、

ニキビや炎症などの
肌トラブルも増加するリスクを
高めてしまいます。




では、これらに注意し
カリウムを適切に補うには、
どのようにすればいいか。

それは、日々の食事から
簡単に摂取できます。


多くの果物、野菜、ナッツ、穀物は、
カリウムが多くナトリウムが少ないので、

高血圧、血管、血液の浄化、
脳、心臓、体液や細胞の水分バランス、
これら関連の悪化の予防や
ケアに役立ちます。


そこでカリウムの豊富な食事として、


・ビーツ(ビートグリーン)

・アボカド

ブラックシードオイル(ブラッククミンシードオイル)

・全粒穀物、小麦胚芽、種子、ナッツ

・サツマイモ

・豆類(エンドウ豆、レンズ豆、リマ豆)

・ほうれん草、パセリ、レタスなどの葉物野菜、

・ブロッコリー

・トマト

・ヒラメ、サーモン、イワシ、タラなどの魚

・柑橘系、バナナ、リンゴ、キウイ




しっかりと魚、野菜、果物など
バランスの良い食事を心がけていれば

そう簡単にカリウムが不足している
状態に陥ることは滅多にありません。

食生活、ライフスタイルをあらためて
棚卸ししてみることも重要になってきます。




人体は、心臓の健康的な動きと
健康的な神経信号の調節を保つのに

カリウムのバランスに
大きく依存しているとされています。


なので、この電解質であるカリウムの摂取と
バランスに努めることは

心身共に、健康的に生きていくためには
必要不可欠ってわけです。



筋肉の収縮や成長、
心拍の調節、体液、水分の調整、皮膚の乾燥
血圧の安定化などメリットしかない
非常に重要なミネラルであるカリウム。


肌の乾燥がひどい人、
ニキビや肌トラブルを抱えている人は

お肌の土台、お肌の基礎力を
上げるための有効な施策として

”ミネラルをしっかりと補う”
ということを怠りがちです。


このお肌の土台を安定化させないと

いくら高価でハイテク成分が
入っているコスメを使っても
ザルのように抜け落ちるだけです。



一度、カリウムというミネラルを
意識してみてはいかがでしょうか。





おあとがよろしいようで。
今日はここまで。
おしまい。


Good virtues(グッドバーチューズ)