Blog

2022/07/15 14:00



「もっとお肌、引き締めたいな・・・」
「顔のたるみが気になるな・・・」

鏡を見て、自分の顔を引き上げなら
そう思うことはありますか?

お肌のたるみ、ゆるみは年々、
年齢を重ねるごとに増えていきますよね。

誰もが通る道です。

残念ながら人間は、年を重ねることを
止めることは今の時点ではできません。
なので、たるみを完全にストップさせて
ゼロにすることはできません。

でも年を重ねていくことで現れる
肌の劣化、老朽化していくスピードを
できる限り遅らせたり、目立たなくする方法などの
予防策はたくさんあります。


■肌がたるむ理由

そもそもどうして肌がたるんでいくのでしょうか。
一般的には下記が主な原因として知られています。

・年齢
・急な体重減少
・妊娠
・ライフスタイル

その中でも、年を重ねていくと、
お肌の真皮層のコラーゲン、
エラスティンの生産が減少していきます。

皮膚の最外層を丈夫に保っておくための
”支柱”としての役割で、

ハリ、弾力性、お肌が健康な構造状態を保ち
支えてくれる役割があります。

これらが減少することは
建物を形成している柱が劣化していくのと同じ。

弾力性の減少、修復力が減少、
皮膚の薄化など、老化のプロセスが
スピードアップしてしまいます。

またお肌の3層(表皮、真皮、皮下組織)の
最も深い皮下組織の層は、
神経組織、脂肪、汗腺で構成されています。

この層には脂肪があり、上層で受けた衝撃や
刺激を吸収し、緩衝材のように働き、
上層の弾力を支えています。

この脂肪が、年齢と共に薄くなっていきます。

肌も痩せ細り、弾力性も出ず、
緩衝材としての機能が低下してしまうので
それらがたるみやゆるみの原因にも
繋がってしまいます。


またコラーゲン、エラスティンの2つの重要な
タンパク質を減少させる要因として

UV曝露、空気汚染、喫煙、
高脂肪高カロリー食、加工食品、
お菓子やスイーツなど白砂糖の過剰摂取、
過度の飲酒など

ライフスタイル要因によっても減少することが
わかっていて、

これら環境要因により、
体内の炎症反応も高まってしまい、
たるみ、シワ、ハリの喪失へと
つながりやすくなります。



一般的に肌のゆるみが起きやすい場所は
次のとおりです。

・顔(まぶた、ほほ、あご、口の周り)
・首
・お尻
・上腕
・太もも
・お腹

もちろん外科手術をしてリフトアップし
たるみを修復させ、すぐに肌を引き締めるようにすることは
簡単ですが、この肌のたるみやゆるみの外科的治療は、
すべての人に適しているわけではありません。

そこで、外科手術その他の医療処置とは別に、
非外科的でリフト効果を高める方法として、


・定期的な運動

極端な体重減少は皮膚のたるみを引き起こします。
妊娠は分かりやすい例。
その期間が長く続くほど、コラーゲンとエラスチンの繊維も
どんどん損傷していき、たるみを修復する力がどんどん弱体化していき、
元の状態に戻りにくくなり、少し体重が落ちるだけでも
そのたるみが目立ち、残るようになっていきます。

定期的に運動をし、体重減少の曲線を緩やかに筋肉量を増やしたり、
筋肉を引き締めたりする動きで、皮膚のたるみを減少させます。


・高脂肪高カロリー食や過剰な白砂糖を避ける

2015年、ベイラー医科大学の皮膚科医は、
栄養と「砂糖のたるみ」と呼ばれるものとの関連を発見しました。

砂糖や揚げ物が豊富な食事は、糖化最終産物(AGE)の蓄積に
つながる可能性があり、コラーゲンの機能を阻害するリスクが高まるので
皮膚のたるみが生じてしまう引き金となると示唆。




・多品種なビタミンとミネラル

ビタミンとミネラルという抗酸化物質が
多品種に配合されているクリームを使用する。

これらビタミン、ミネラルが不足している肌は、
コラーゲン、エラスチンの生成が鈍化してしまうから。

これら抗酸化物質が配合されているものは
コラーゲンとエラスチンの成長を刺激してくれるのに役立ちます。

ビタミンAは肌の水分補給を助け、ビタミンCは肌のコラーゲンとエラスチンを保護し、
ビタミンEは日焼けによるダメージから保護し、血流を増やします。

葉酸(ビタミンB9)は、コラーゲンの生成を助けてくれる。
ビタミンKは皮膚の弾力性を改善します。
ビタミンDは皮膚が日光にさらされると体内で作られます。
免疫力を高めてくれることに加え、老化、シミ、色素沈着過剰からお肌を守ってくれる。

ミネラルであれば、亜鉛、マグネシウムは
皮膚や筋肉の早期老化を防ぐ抗酸化作用が高く、
皮膚の治癒速度を速めるのに役立ち、

銅は、肌に強度と弾力性を与えるコラーゲンとエラスチンの生成を
促進してくれるし、マグネシウム、セレンは肌の弾力性と柔軟性を
維持するために非常に重要で、
シリカは、皮膚だけでなく、体のすべての組織や細胞に
ハリと弾力性の向上させるなど。

またビタミンとミネラルは、互いに補完し合う性質があります。
例えば、ビタミンB2は亜鉛(ミネラル)を長く体内で保持してくれようにしたり、
ビタミンCは鉄の吸収を高めてくれたり、ビタミンEを更に力強く稼働させるには
ビタミンCとビタミンB3が欠かせないなど。

ビタミンCが良いからとCばかりとっていても、
効果があまり感じなかったり、限定的だったりします。

だからといって、これらを1つ1つ用意するのは
知識もお金も時間もかかるし、大変ですよね。

そこで、これらを一気に解決してくれるのが、
ブラックシードオイルが役に立ちます。
なぜならマルチビタミン、マルチミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸、カロテノイドなど
100種以上の栄養価を一気に同時摂取できるから。

そして弊社のブラックシードオイルは、
このシードの原産国であるエジプト産を使用しています。

原産国というのはその土地が最も栽培に適した生育場所であることから
植物化合物の含有量が他産地に比べて非常に高く、
栄養価がスバ抜けて高いことでも知られています。

それを更にナノサイズ化してカプセルコーティングしているので
栄養価を壊さずに、奥までじっくり届くように設計されています。

更にシリカ(ミネラル)がめいいっぱい配合されているので
コラーゲン、エラスチンの生成、修復能力をより高めてあげることができる。



・十分な水を飲む

適切な量の水分を補給する。脱水状態では
お肌のバリア機能の低下、乾燥、老化プロセスの進行が早まる。
適切な量の水分を補給することで解毒され、
血流が改善され、各細胞へ酸素、栄養が全身に行き届きやすくなり、
角質層の最上層の水結合能力であるTEWLが改善される。
ふっくらと細胞が水分を貯蔵できる健康的な状態を保つことに役立つ。


・週に一度皮膚を角質除去して死んだ細胞を取り除きます。
これは皮膚を引き締めるのにも役立ちます。

・循環と血流を改善するために定期的にオイルで皮膚をマッサージする

・喫煙を控える
喫煙はコラーゲンの生成を減らし、既存のコラーゲンに損傷を与え、皮膚のたるみを緩めます

・日焼け止めの定期的な使用
慢性的なUV照射は、コラーゲンとエラスチンの生成を減少させる

・硫酸塩を含む石鹸を避ける





いかがでしたか?

手術なしで、肌を引き締めるための最善策は
運動、健康的な食事、ケアする製品の組み合わせです。

今日からでも遅くありません。
予防策を早めに講じておく。

これらを意識し、
習慣化させることができれば

老化プロセスを遅らせることができ、
長く肌の弾力性やハリを保つことも
できるってわけで。



おあとがよろしいようで。
今日はここまで。
おしまい。

Good virtues(グッドバーチューズ)