Blog

2022/09/09 14:00



体にとってなくてはならない栄養素である
ビタミンとミネラル。

心身を最適化し、健康に生きるために
非常に重要だということは、もう耳タコかと。

それは呼吸、代謝、消化、排泄、成長、生殖など

健康的に生きるための人間の生体化学反応に
直接影響を与えているから、ですよね。

もっと言えば、人間のこれら生体化学反応が
正しく機能するためには、“酵素”が必要で、

この酵素って一人で力を発揮する酵素もあれば、
力が弱い酵素もいる。
ビタミンとミネラルはこれら酵素にくっついて
力を貸してくれる。つまり補助してくれる因子となる。

この補因子として機能するビタミンやミネラルが
不足すると酵素が機能せず、

上記の生体化学反応に影響を及ぼして、

うまく心身機能が最適化できずに、
機能低下が生じてくる。


普段、ビタミンやミネラルってなんとなく
良いものってイメージがあるけど、

その影響力は想像以上に幅広く、

心身機能が最適なパフォーマンスを
発揮するために、これら栄養素の過不足に
かかっていると言っても過言ではないくらいです。

それだけ私達の体は、
ビタミン、ミネラルに大きく
依存していることがわかります。


ではこの大切な栄養素が
不足しているというのは
どうやって判断するのか。


幸いなことに、人間には、
体の機能がうまく、正しく機能していないときに、
それらサイン、シグナルが送られ、
知らせてくれるような設計になっています。

例えば、肌状態の悪化、体重増減、倦怠感、
脳霧(脳に霧がかかったような状態)、不明晰、非集中など。


これらがシグナルとして、
表層化してくる。


トラブルが大きくなる前の予兆を捉える。


これらシグナルを無視せず、
注視することが大事になってくる。

一般的にビタミンやミネラルが不足した場合、
下記のような欠陥のシグナルが発せられる。


1)極端な脱毛量

通常の抜け毛レベルよりも多い量が抜けてしまっている、
場合、必要な栄養が不足している可能性があります。

・鉄(ミネラル)
・亜鉛(ミネラル)
・ナイアシン(ビタミンB3)
・ビオチン(ビタミンB7)
・リノール酸 (LA)
・オメガ3:α-リノール酸 (ALA)

肉、魚、卵、豆類、緑の葉物野菜、
ナッツ、種子、全粒穀物などは、
ミネラル(鉄、亜鉛)、ナイアシン、ビオチンが
豊富に含まれています。

ナッツ類(特にクルミ)、亜麻仁やチアシードなどの種子には
オメガ3:α-リノール酸が豊富に含まれています。


2)フケとうろこ状の斑点

フケ、乾燥、脂漏性皮膚炎などは、
身体における皮脂生産するバランスが
乱れてしまっている為、皮脂が不足し、
皮膚が剥がれて、かぶれ、痒み、炎症を引き起こします。

・リボフラビン (ビタミンB2)
・ナイアシン (ビタミンB3)
・ピリドキシン (ビタミンB6)
・亜鉛(ミネラル)
・オメガ3:α-リノール酸 (ALA)
・ビタミンA
・ビタミンE

魚介類、ナッツ、乳製品、全粒穀物、肉は、
亜鉛が豊富な供給源です.

全粒穀物、魚、内臓肉、乳製品、ナッツ、
豆類、鶏肉、緑の野菜、種子は
すべて、ピリドキシン、リボフラビン、
ナイアシンが豊富な食品です

ビタミンAは
オレンジ、赤パプリカ、ニンジン、
緑の野菜(ホウレンソウ、ブロッコリー)
黄橙色の果物や野菜(唐辛子、サツマイモ)

ビタミンEは
アーモンド、ピーナッツ、ひまわりの種、
アボカド、ほうれん草、ブロッコリー、
カボチャ、パパイヤ、マンゴー、トマト


3)口内炎や口角炎症

口の中の炎症や、上唇と下唇の間の口の角のひび割れ、
裂け目、切れ目などはビタミンとミネラルが
不足している可能性があります。

ある研究では、口内炎の炎症患者は
体内の鉄分(ミネラル)レベルが低いことがわかっています。

実際、口内炎患者の 66% が
フェリチン値が正常値よりも低いことがわかりました。

このフェリチンとは、鉄が体内に
蓄えられるタンパク質のこと。

このフェリチンのレベルが低いと、
体にしっかりと鉄分が吸収されなくなるってこと。


また別の研究では、口内炎を患っている全患者の約 28% が、
下記の3つの栄養素が不足していることが分かりました。

リボフラビン (ビタミン B2)、
チアミン (ビタミン B1)、
ピリドキシン (ビタミン B6) 


チアミン、ピリドキシン、リボフラビンが豊富な
緑の葉野菜、種子、卵、魚、肉、鶏肉、ナッツ、
でんぷん質の野菜、全粒穀物。

鉄分が豊富な食品には、肉、濃い葉物野菜、
種子、ナッツ、魚、全粒穀物、豆類。

口内炎や口角炎を患った際は、
鉄分とビタミン B が豊富な
食品を取り入れてみること


4)爪がもろい


爪がもろい、すぐ割れる、欠ける、
変色しているなど、爪のもろさは、

ビタミン B7 としても知られるビオチンが
欠乏している可能性があります。

ビオチンは卵黄、魚、乳製品、種子、
ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草などの
食品で摂取できます。


5)歯茎の出血


ビタミンCの不足は、傷の治りの悪さに繋がりやすいため
歯ぐきからの出血を簡単に引き起こします。

ビタミンCはストレスによって急速に枯渇するので
定期的に不足しないように摂取する。

ビタミン C を含む食品には、柑橘類、ベリー、
キウイ、カシス、トマト、ローズヒップ、
赤ピーマン、ブロッコリーなどが含まれます。

喫煙者は、体がビタミン C を吸収する能力が
制限されてしまっているため、歯茎の出血には
特に注意が必要。


6)筋肉の痙攣


筋肉の痙攣、目の周りの痙攣は
マグネシウムが不足している可能性があります。

心臓、筋肉、腎臓、免疫系が正常に稼働する為に
必要なのがマグネシウムで、
体全体で600以上の細胞反応で使用されています。

筋肉がまともに動作せず、心臓リズムが不安定になり、
すぐ疲れ、抜けきれずに疲労が慢性状態になってしまいます。
また神経系のメッセージがうまく送受信できないので
気分にムラができ、不安、イライラ、不眠に陥ります。

マグネシウムは濃い緑色の葉物野菜、
ナッツ、種子、大豆、レンズ豆、豆類、
全粒穀物、アボカド、バナナなど。



いかがでしたか?

中毒性があり高塩分、高白砂糖、高油物で
高カロリーな不健康な食生活ばかりしていると、
多くの病気を引き起こすのは明白。

シグナルを受け止め、向き合うこと。


幸いなことに、不足しているビタミンやミネラルの多くは
ほぼ食事から摂取できるので、
それが一番効率的でコスパがいい。

食やサプリで体の内側からケアするのと同時に、
外側のケアとしてスキンケアも忘れずに
同時に、組み合わていく。



下記であれば、

・マルチビタミン(ビタミンA、B1、B2、B3(ナイアシン)、
B5(パントテン酸)、B6、B7(ビオチン)、B9(葉酸)、B12、C、D、E、K)、

・マルチミネラル(ミネラル主要7元素を含有
(セレン、カリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム)
更にミネラル 微量 9 元素の うち7つを含有
(鉄、亜鉛、銅、クロム、マンガン、ニッケル、セレニウム))、

・9つの必須アミノ酸と9つの非必須アミノ酸

これらが非常に豊富で、且つ、抗菌、抗炎症作用が非常に高い
大注目成分「チモキノン」の含有量が
植物界ナンバーワンを誇るブラックシードオイル(ブラッククミンシードオイル)に

そこへオメガ3の含有量が植物界ナンバーワンの
チアシードオイルとの相互作用。

オメガ3、マルチビタミン、マルチミネラルで、
アミノ酸など豊富な栄養素を同時多発的に摂取。

不健康で元気のない肌状態から、
修復を手伝い、バリア機能を高めて、
活力を与えてくれるから非常に便利。




ちなみにですが、

ブラックシードオイル(ブラッククミンシードオイル)は
様々な産地で生産できますが、場所によって成分の
含有量がまちまちなんです。

元々、エジプトが原産地の植物。

原産地ということは、その土地が
最も生育に適した環境だということ。

朝晩の寒暖差があり、高温乾燥の
砂漠性気候エリアが原産地の植物は、

過酷な環境でも生きるため、
地中深くに、必死になって根を張ることで、
非常に鍛えられた、生命力の強い植物となります。

エジプト産のブラックシードオイルは
植物活性成分の含有量が最も高いことで知られており、

弊社はそのエジプト産のオーガニック、
ブラックシードオイルを使用しています。



おあとがよろしいようで。
今日はここまで。
おしまい。






Good virtues(グッドバーチューズ)