Blog

2022/08/05 14:00




「いつも身体がだるい・・・」
「いつも集中できない・・・」
「ちょっと鬱っぽい・・・」


原因不明で、慢性的にこのような健康問題がある人は、
ひょっとして重金属が体内に蓄積し過ぎているのかも。


重金属は、大気、土壌、水、食品、
アルミホイル、電池、スマホ、
金属調理器具、古いペンキ、殺虫剤、
除草剤、などなど。

身の回りのあらゆる場所に存在しています。


鉄、亜鉛、銅などの
身体にとって有益な金属ミネラルを
少量摂取することは、


体内のあらゆる生理学機能が
正常に稼働するために、

ガソリンとして使われる為、
必須の栄養素であり

人間が健康に生きていく為の非常に
重要なものなのですが、

(もちろん過剰摂取は逆効果となる可能性もあるので
何事も適度なバランスです)


それとは対照的に、

身体に有害とされる重金属は
健康に大きな被害を与える可能性があります。


・鉛

・水銀

・ヒ素

・カドミウム

・アンチモン

・石炭やその他の化石燃料


これらの重金属は、人間の身体にとって
有害とされています。

たばこには、上記のヒ素(毒薬使用)、
カドミウム(イタイイタイ病の原因)が含まれ、
またニコチンはゴキブリ殺虫剤の成分であることなどから

喫煙者は特に、注意が必要です。


またこれら有害な重金属の蓄積により、
細胞内に存在している有益な天然ミネラルを

有害物へ置換させる傾向があり、
細胞の異常な機能を
引き起こすとされています。


せっかく頑張って良質なミネラルを
摂取して蓄えても、全て台無しですね。


重金属の供給源となるものには、
次のものがあります。

・土壌浸食
・鉱業
・産業廃棄物
・化石燃料の排出量
・作物の農薬
・汚れた水
・喫煙


有害な重金属が時間の経過と共に
体内で徐々に蓄積していくと、

それらが体内で酸化し、
フリーラジカルと呼ばれる毒素が
生成されて蓄積されていきます。


これが蓄積していくことで、
細胞が錆び付き、

あらゆる人間の身体の組織に
ダメージを与え、

炎症を引き起こす可能性が
高まるとされています。


短期的な炎症であれば、
比較的ましですが、

慢性的な炎症は
無数の病気のトリガー(引き金)となります。



・神経系の炎症

物忘れや記憶喪失など脳機能の低下、
片頭痛、気分のむら(極端な浮き沈み)、
神経過敏、集中力の低下、
鬱、脳霧(脳が霧がかかったようなモヤモヤ)、
倦怠感、不安感の上昇、ストレス耐性の弱体化など。



・消化器官や腸内の炎症

重金属は体内のウイルス、バクテリア、寄生虫、
その他の病原体の食料源となることが分かっており、

たとえば、重金属は、連鎖球菌 A または B、
大腸菌、C. ディフィシレ、ピロリ菌の栄養源となって
細菌が繁殖し、腸内環境が乱れ、膨満感、腹痛、
下痢、便秘などの症状に陥ります。


これら脳、神経系の炎症ダメージ以外にも、
肝臓、肺、消化器系などがダメージを受けてしまい、

また2014年の研究では、不妊リスクの向上、
血糖値調節するホルモン、インスリンの活動の阻害なども
報告されています。


なので、もし、原因不明の慢性的な
健康問題に悩まされている場合、

体内の重金属を体外へ排出してあげる
重金属デトックスを試してみる価値は
大いにあります。

有害な重金属、その他の毒素が
まったくない生活というのは不可能です。

だからこそ、適度に、そして定期的に
排出を促してあげることが大切。


既に体内に蓄積している重金属を
取り除くのは、そう難しいことではありません。
一番、簡単で、効率の良い方法は、【食事と運動】です。


以下を積極的に摂取すれば、
体内から重金属を取り除くのを助け、
将来、心身のダメージを負うリスクの軽減にも役立ちます。


・スピルナやクロレラ(藍藻類)

クロレラのメタロチオネイン様タンパク質フィコシアニンと
呼ばれる植物化学物質は重金属をデトックスする作用があるとされ、

スピルリナに含まれているフィコシアニンと呼ばれる植物化学物質は
重金属に結合して解毒に役立つとされています。

これらをジューズやスムーズ、オートミールやシリアルに、
サラダなどに入れれば、効果的に摂取できます。



2017年の研究では、ブラックシードオイル(ブラッククミンシードオイル)に含まれる
チモキノンが有毒重金属である鉛、カドミウム、アルミニウム、
塩化第二水銀、ゲンタマイシンなどの毒性に対する解毒作用と
保護作用があることが示唆されています。


・ニンニク

硫黄成分が豊富とされるニンニク、または
ブロッコリーなどのアブラナ科の食品は、カドミウムや鉛などの
有毒金属に結合して解毒し、また鉛による酸化損傷も軽減してくれる。


・グルタチオン

強力な抗酸化作用を持つエイジング成分。
重金属の毒性の蓄積によるフリーラジカルの悪さ(細胞の酸化、損傷、
炎症)を中和し、鎮静させてくれる。

■お肌にも心身にも大切なグルタチオンは不足していませんか?(過去記事)


・セレン

フリーラジカル、酸化ストレスから
細胞を保護する力が、”群を抜いて”強い特性を
持っているセレンは、人間と動物に、
生きていくのに必須な微量ミネラルであり、

その強力なフリーラジカル除去作用により
有毒金属(鉛、カドミウム、水銀など)をはじめ、タバコ、
アルコールなどの有害毒素と結びつき体外へと排出する働きがある

■セレンというお肌に効果的なミネラル


他にも、

・コリアンダー

・ベリー類(イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、クランベリー、ブラックベリー、チェリーetc)

・葉物野菜(ほうれん草、ケール、小松菜、チンゲンサイ、キャベル etc)

・アブラナ科の野菜(ブロッコリー、カリフラワー、アスパラ etc)

・ハーブやスパイス(バジル、タイム、ターメリック、生姜)




いかがでしたか?

上記の食品と栄養素を参考にしつつ、
適度に運動をして汗をかいて解毒作用を促すこと。

またタバコ、アルコールを徐々に
減らしたライフスタイルに変更していくこと。

多くの重金属が脂肪細胞に
蓄えられているということからも、

体脂肪を減らして汗を出す運動は特に
効果的とされています。

つまるところ、
健康的な食生活と運動という
ごく当たり前でもう耳タコのことが
ものすごく重要だってことで
結局はここに終着する。


金属には、身体に良く、人間の
見方となってくれるミネラルもあれば、

有害な重金属のように
体内にいつまでも蓄積しておくと、
あらゆる心身の不調の原因となるものもある。

だからこそ、これらを意識して、
定期的に重金属デトックスをこころみることが
大事になってきます。




あおとがよろしいようで。
今日はここまで。
おしまい。



Good virtues(グッドバーチューズ)